油処理剤の効果

建設現場

日常生活から、工業でのいろんな製品造りなどを通して、多量の油を用いています。料理で炒めものや揚げ物を作るときの油や、工場で製品を作るときの機械での圧力をかけるときに用いる工業用油や、機械の部品をスムーズに動かすときに使う油など、日常生活や企業活動を営むのに必要不可欠な存在となっています。一昔前では、工業用油や家庭で使う油などを、川を通して海に流していた時期がありました。継続して行ってしまい、海洋汚染を引き起こしたり、公害として人体に悪影響を引き起こす要因にもなりました。それらを防ぐために、油処理剤を使って有害な油の流出を防ぎ、環境にやさしいものが誕生しました。

油処理剤を用いる主な場所としては、大量の油を用いる工場などの施設から飲食店、ホテルや病院といった大型の施設で用いられるようになりました。油処理剤を用いることによって、排水に混ざった油脂を分離して辺泥などの有害物質を未然に防ぐ効果があります。油処理剤は二種類あり、粉末状で微生物が含まれた即効性のあるタイプや、液体状で油脂を分散化促し効率良く着実に処理するタイプです。施設によって油脂の質が変わってくるので、事前に油脂に合った油処理剤を調べてから使う購入して使う必要があります。油処理剤の使い方も人によって様々で、単品で使ったり、他の油処理剤を併用して使うことで効果が更に高まる場合があります。組み合わせも吟味して、排出する水を綺麗にして海に還元して地球環境に貢献いきましょう。